あゝ 猫道

猫嫌いウン十年、ミルと出逢って猫バカに。 人生ってわからないものですね。

【動画あり】足に異変が起きて受診したら嬉しい変化が!でも一時的?

time 2018/11/24

とにかく長文です。

sponsored link

ミルの足の異変

11月20日(水)の夕方6時半頃、お風呂掃除をしていると台所から物音が!

急いで行くと、ミルが右の後ろ足を床にタンタンタン!!!と打ち付けている。
何かを振り払うような素振り。

びっくりして足の裏を確認するも、何も刺さっていないし傷もない。
一体どういうことか、少し様子を見ていても、ずっとタンタンタン!!!とやっている。

時間も時間で、動物病院の診察が終わってしまう。このまま翌朝までこんな調子だったら困るし、これは診てもらった方が早いと判断し、いつもの病院へ、7時を少し過ぎてしまうかもしれないと電話を入れた。

2回電話しても出ず、3回目に出たのだが、緊急の患者の処置で手が離せない為、診ることが出来ないという。いつ終わるかもわからないって。

仕方なく家から近く、行ったことのない病院へ電話をして受診した。

初の動物病院での診察

くまなく足をチェックしてくれたが、やはり見た目では異常なし

何かが刺さっていたり傷があれば、足を浮かせる。叩きつけたりはしない。
寝ていた後で足がしびれていたり、神経から違和感があって、それを振り払おうとしているんじゃないか、という診断。

処置として、炎症にも神経にも効くステロイドを注射するという。

ステロイドと聞いて、出来たら打ちたくないと思い、ミルに床を歩かせてみたら、普通に歩く。タンタンタンとやったりしない。

どういうこと?

私が怪訝な顔をしていたから、獣医さんは「このまま様子を見るか、飼い主さんが決めてくれていいですよ」と言った。

そんなこと言われたら迷うじゃん。

原因もはっきりしていないから、様子見の方がいいんだろうか?
でもこれが一時的でまた症状が出ても、と思い結局ステロイドを打ってもらい帰宅。

副作用を気にしていたら、この薬はショックはない。ショックの時に打つくらいだから、と院長先生が言った。一応薬剤名を書いてもらった。

帰宅後、すぐにウェットフードを食べ、その後も副作用も出ず。
翌日になった。

翌日に起こった変化

夜早い時間、入浴をすませ髪をドライヤーで乾かしていると、ミルが私の後ろにピタっとやってきた。

それって老化が現れる前にしていた行動。

あれ?・・・・

どうしたんだろ・・・と思いながら乾かした後台所に行くと、ミルもついてきた。

 

え?・・・・

ミル、真っすぐ歩いてるじゃん!!しかもスタスタ!!

今年1月くらいから蛇行して歩くようになって、どんどんよたよたしてきて、先日受診したのも、寝起きに左に傾いていったり転んだりすることが多くなったから。

動画を観てもらうと8の字旋回してるね、と言われた。
小脳のバランスを保つ機能が老化してきたせいだと。

もっと悪化すればステロイドを使うけど、肝臓の数値が高くなることもあるし、これくらいの症状では使わない、と言われていた。

肝臓の数値が・・・ここすっかり忘れてステロイド打ってしまったけど、なにこの変化。

寝起きもスクっと起き、ふらふらもせず歩きだす。

しかも、歩き方だけでなく、意思疎通も出来るようになったり、毛づろいも多くなった。
体の動きがとにかく軽くなった。

もちろん若いころに戻ったわけではない。走ったり飛んだりはしないから。

注射前後の動画

注射前の動画と、注射後翌日と、3日後の動画をつなげてみた。
注射前のは、斜頸で受診した時に先生にも観てもらった動画。

一体何事?!

今の調子なら、「17歳だから」で納得する。
でも注射前の状態は、年相応と言われても正直見ているのがつらかった。

だけど・・・ステロイドの注射が効いたとしたら、効果が無くなれば元に戻るんだよね・・・
それもつらいわ。ぬか喜びで。

しかし、何に効いたの?
足? じゃなくて脳?? ステロイドって脳まで届いたっけ??
それとも両方? 確かに足には効く。

だけど、斜頸が悪化したらステロイド使うってことは、やっぱり脳にも効くの??

いつもの動物病院に訊ねたいけど、診察する必要がないから、すぐには訊けない。

はあ・・・・どういうことだろ。
注射打ってから、今日で4日か~・・・効果なくなっちゃうのかな。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


書いてる人

飼い主:kicca

飼い主:kicca

NEKO:ミル ♀
年齢17歳、体重2.2キロ
お隣の犬小屋で暮らしていた元野良です。
推定10か月でうちの子に。
お転婆だったのに、2018年すっかりおばあちゃん猫になってしまいました;
にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ

署名にご協力ください

25


sponsored link