あゝ 猫道

猫嫌いウン十年、ミルと出逢って猫バカに。 人生ってわからないものですね。

猫を新しい動物病院へ連れていった ~腎臓と肝臓編~

time 2017/05/13

(前日12日のことです・・・・)

ミルちゃん散歩行きたくないの?今日は疲れちゃったもんね~


なぜ疲れているかというと・・・・・
じゃん!新しい動物病院へ行ってきたから!


先月の下痢もすっかりよくなったので、もう少し後でも良かったのだけど、腎臓と肝臓の他に気になることがあったので。それは次回書くとして、今回は腎臓と肝臓について。

(写真はエコー検査でついたジェルを帰宅後洗い流してやったので、気にして舐めてるところ)

【腎臓】
・クレアチニンが少し基準から出ているが、BUNは一回を除き、いつも正常値。
・尿検査正常(尿比重やたんぱく質など)
・飲水量、尿の量が一時期多かったが今は正常

【肝臓】
・GPTは高いが、他は正常値
・黄疸は出ていない

これを踏まえ、、、

●ずっと通っている動物病院の診断

慢性腎臓病になっている。肝臓も慢性になってるかも。
フードは何を食べさせていいか難しい。

●今回受診した新しい動物病院の診断

クレアチニンだけが少し高いだけで、BUNは正常だし尿に異常もないので、腎臓病と言えるほどの数値ではない。
肝臓は波があるので、たまたま高い時に採血したかも知れない。
GPTだけが高いし、もし肝臓が本当に悪く悪化するなら黄疸が出てくるし食欲も落ちる。

よって、腎臓も肝臓も年齢相当の機能低下はあるが、病気とは言えない。
フードは腎臓を優先し、今まで通り腎臓サポートで良い。
これを聞いて涙が出そうなくらい嬉しくて、そして何より安心した。
少ない確率だけど、そういう結果が出ないかと少しだけ考えていたから。

腎臓と肝臓のエコーも、初めて受けた。
どちらも形大きさ腫瘍など異常は見られない。

血液検査は先月受けたばかりなので、その必要はないと言われた。

それと体重!2.45キロだった。。。。_| ̄|○

でも急激に落ちたのではなく徐々にだったら心配ないと言われた。
う~ん、少し心配だが良しとしよう。


さて、今後だが、次のワクチンが12月と少し先なので、7月か8月に一度診せてくださいとのこと。

夏は毎年食欲が落ち、痩せて毛艶もなくガサガサになるので、ちょうどいいなと思った。

結局ミルさん、年相応なだけでどこも悪くないんだよ。良かったね!ミル!

腎臓と肝臓以外に心配だったことと、その他については次回の記事で。

とにかくこの新しい病院の獣医さん(特に女医さん)すごーく質問してくれてすごーく説明してくれる。

そしてこういう場合はすぐに受診してくださいね、とその場合の症状も教えてくれる。
なんて安心なんだ。

いつもの病院ではどう解釈するか、飼い主が考えたり察しなければいけない。
今思えばそれっておかしいよね。

今までは若くて問題がなかったから良かったのだけど、ここ最近年のせいであれこれ不調が出てきて、問題が明るみになったんだろうな。

ただ一つ、新しい病院の気に入らないところがある。
かなり病院が狭く(待合もすごく狭い)待合から受付から他の診察室から、会話が筒抜けでうるさくて、ものすごく落ち着かないのだけど、そこは目をつぶろうか
( ̄∀ ̄)

それと休みが月曜と祝日というところ。
いつもの病院は年中無休なのだ。そっちの方が珍しいんだけども。

使い分けてもいいよね。いつもはこっち。休日で救急の場合はこっち、というふうに。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


書いてる人

飼い主:kicca

飼い主:kicca

NEKO:ミル ♀
年齢15歳、体重2.7キロ
お隣の犬小屋で暮らしていた元野良です。
お転婆なので、高齢になった今もかっ飛んでいます。

署名にご協力ください

25


sponsored link