蔵出しと老猫を写真で撮る時の問題点

一か月前に撮って全然あげてなかった写真。

ケイトウ:なんかクネクネ不気味

こちらは名前わからず・・・・

タイトルにある老猫を撮る時の問題点について。

上の2枚はいいんだけど、ここ最近はずっとミルの瞳の中に私が映り込んでしまうので、チェックがかかせない。
ミルの瞳孔があまり収縮しないことが気になって、獣医に訊ねたところ、年をとると調節機能も落ちてあまり収縮しなくなるとのこと。

以前は外でなんか撮れば糸のように細くなるので、チェックする必要もなかったし、今年5月くらいまでは糸までにはならないけど、ある程度収縮していた。

写ってしまってる場合どうしているか・・・例えばこの2枚。

花梨

これも名前わかんない

ペイントで消している。
消してるのバレバレなので、ほとんどボツになっちゃうけど(*´Д`)

だから、写らないにようにしなきゃなんだな・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA